軽自動車の前のナンバープレートってなんで車の真ん中からちょっとズレているんでしょうか?

みなさま!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

イーカーライフ伊勢御薗店です!m(__)m

 

突然ですがちょっとした疑問をおひとつ・・・

「軽自動車のナンバープレートの位置」

が、真ん中からチョットだけ運転席側に片寄ってるのって・・・

皆さんご存知でしたでしょうか❓❓

 

スペーシアギヤ

フロントグリルのスズキエンブレムをご覧頂けばお分かりいただけると思いますが、

ナンバープレートの右端が車両の真ん中辺りになるくらい

運転席側にズラして取付けられてるの、お分かりいただけますか?

ハスラー

他メーカーの軽自動車も含めて多く車種が同じ様に運転席側にオフセットしているんですが、

それはいったい何故なんでしょうか❓

 

その理由を探る為、スペーシアギヤに取付けた伊勢のご当地ナンバー

「伊勢志摩ナンバー」

をズームUPして見て頂きますと・・・

ナンバープレート右横のバンパーの網目の奥になにやら見えますよねぇ~😮

これが軽自動車のナンバープレート

ズラして取付けられている最大の理由なんですが何かお分かりでしょうか!?

 

こちら⬇はダイハツ車ですが、その理由を探る為にフロントバンパーを外して見てみましょう!!🔍

この赤色で囲った部分にあるのがエンジンを冷却するクーラント(冷却水)を冷やす為の

ラジエターです!

(エアコン冷媒用のコンデンサーと重なって取付けられています)

普通車であればエンジンルームが広いのでラジエターはある程度自由に設置出来ますが、

軽自動車の場合は狭いボンネット内にエンジンやミッションなどをすべて収める必要があります。

そんな狭いスペースの中で非常に高熱になるエキゾーストパイプ(排気口)

との距離を離す為にエンジンを冷却する為に必要なラジエター

車の真ん中より助手席側に寄せて取り付けているんですね!

つまりフロントバンパーのど真ん中にナンバープレートを取り付けると、

走行中の風がラジエターにしっかりと当たらず、

エンジンを十分に冷却できなくなる恐れがあるので

軽自動車のナンバープレート

ラジエターの正面に障害物とならないように、

運転席側にズラしてあるんです!!

あとデザイン的に少しズラした方が奥行きがあるように見えてサイズ感が大きく見えるから、なんて理由もあるとかないとか・・・??

あ!もちろん例外もありますよ! 例えば⬆この型のタントとか・・・

直近ですと新型ホンダ・N-BOXカスタムや日産・デイズなんかも実は

ナンバープレートが真ん中に取付けられています!

フロントマスクの面積が大きい分、バンパーの開口部も広くなるから真ん中の配置が可能なんでしょうか❓

 

ちなみに普通車でありながらナンバープレートがそれぞれ横にズレているクルマもありますよ!ただし冷やすと言う目的は共通ですがあくまでも例外です!

例えばこちらは当社松阪店が販売したフォード・フォーカスRS

獲物を狙うかのような鋭い眼差しと喰いちぎらんばかりの開口部が大迫力です!

 

こちらは三菱・ランサーエボリューションⅩ

特大インタークーラーの冷却が最優先なので、ナンバープレートが追いやられた感がハンパないです・・・

出典:Wikipedia

と、言う事で・・・

気付いてらっしゃた方もみえるかもしれないけど意外と知られてないかもしれないというお話しでした!

ご清聴

ありがとうございました!!

———————————————————————–
エフエルシー株式会社
イーカーライフ伊勢御薗店
〒516-0804
三重県伊勢市御薗町長屋3146-1
TEL : 0596-63-8657   FAX : 0596-23-0530
E-Mail :  isenisno@gmail.com
営業時間 : 10:00 ~ 19:00
定休日 : 水曜日 (祝日の場合は営業)
———————————————————————–

Author: イーカーライフ伊勢御薗

☆1982年創業のエフエルシー株式会社が運営する「イーカーライフ伊勢御薗店」です!☆ 当店では修復歴無し&グッドコンディションのお買得な特選中古車をラインナップしております!お車のお買替えをご検討中の方はぜひ当店にお越し下さい!!